« 悠亭日常2008ー5ー25 | トップページ | 嫁も姑も皆幽霊@NLT »

2008.05.29

河村隆司師を悼む

10年ほどまえに「江口」を拝見しました(この能って、映画「博士の愛した数式」にでてくる能です。
昨年の「檜垣」が舞い納めでした。
これからは、仕舞をされるんだろうな、どんな風になるんだろうなって、楽しみにしていての矢先の死でした。享年80歳。

河村師の芸風は、ふつうなら、さっと舞わえるところが、言葉でいえば「粘っこく」、私は、ひそかに、演技派と思ってました。

これって、あるとき、能の謡を際立たせるよね、って、思ってたことがあります。
この方が、観世寿夫賞をもらわれたのも、きっと、私が感じた、演技派ってとこにあるんだい、と、かってに、思ってました。

昨年、檜垣をされたとき、なぜか知らないのに、泣くとこでもないんだけど、涙がながれてきて、え、え、能で泣くなんて、え、え、どうしたんだい、って自分が不思議だったのです。それが後で知った舞い納めの舞台でした。

思い出す舞台、阿漕、鵺、藤戸、、、、、合掌。

本日、他生の縁で、告別式に参列してきました。

|

« 悠亭日常2008ー5ー25 | トップページ | 嫁も姑も皆幽霊@NLT »

コメント

藤、隅田川、ともう一番、拝見しました。
そうですね、じっくり型でしたね。
しっかりした藤、観る人の心をがっちりつかむような隅田川でした。
ご冥福をお祈りしております。


投稿: | 2008.05.31 10:35

河村師の舞台見られてるんですね。
さらっと舞う方の方がおおいと思うのですけど、その点、じっくりでしたよね。
ほんと、これからの仕舞を楽しみにしてたんですよ。合掌.

投稿: 悠 | 2008.05.31 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41366192

この記事へのトラックバック一覧です: 河村隆司師を悼む:

« 悠亭日常2008ー5ー25 | トップページ | 嫁も姑も皆幽霊@NLT »