« バーボン・ストリート・ブルース | トップページ | シティマラソン10kmにでたいぞ »

2008.05.12

最高の人生の見つけ方@映画

ニコルソンとモーガン、死にかかった二人の残りの人生。
モーガンが死にかかったときのニコルソン(病院のオーナ)の会話。
ニ「いっておきたいことはあるかい?」
モ「ここ(病院)の豆スープがまずいんだ」
ニ「言っておくよ」
こういう会話が邦画にはないんですよね。って、日本人の普段の会話が、しゃれてないからしょうがないんですけど(笑)

「死ぬまえにしておきたい10のこと」って映画もありましたけど、それと、同じ、モチーフかな。

大金持ちのニコルソン、家庭にはめぐまれていない。モーガン、家庭にはめぐまれているけど、懐疑もある。

この二人の、人生最後の日の過ごし方。

二人の、「人生最後にやりたいことリスト」の一つに「おもいっきり泣くほど笑いたい!」ってのもあります。ここ、ぜひ、みてほしい。

アメリカ映画にでてくる、最後にやりたいこと。
これって、普段できてないことのうらがえしですよね。

日本映画ならどんな風に展開するんだろう。

病室をともにしたい、映画のニコルソンなような大金持ちの人いなさそうだし(笑)。

|

« バーボン・ストリート・ブルース | トップページ | シティマラソン10kmにでたいぞ »

コメント

この映画は見たいな〜って思ってます
良さげですね〜〜

投稿: なっぺ | 2008.05.13 09:09

□なっぺさん、おはよう。
しめっぽくなく、笑えますよ。
それと、大金持ちで、金をばらまいてくれる人を友達にもつといいな〜って思いますよ(爆)

投稿: 悠 | 2008.05.13 09:31

こちらにも・・・。
全室二人部屋という病院にも驚きました。
大手術のあとの相部屋はさぞキツかろうと・・・。
病状をお互いに気にしているシーンがとても好きでした。
豆スープはさぞかし不味いんでしょうね。
っていうか、アメリカの病院食なんて日本よりも不味そう~~~(汗)
この題材は日本で扱うととんでもない事になりそうです。

投稿: ミチ | 2008.05.13 18:45

□ミチさん、こんばんは。
大手術のあとの見舞客も大変なんだと学びました(笑)。ニコルソン「いいか、人は、病気では死なない、見舞客で死ぬんだ」みたいな台詞がツボにはまってました(爆)。

投稿: 悠 | 2008.05.13 22:19

見てまいりました。カーター(M・フリーマン)が妻の所に戻るところは、泣いてしまいましたね^^;
豆スープ、思い切り笑うシーン、他にもツボるセリフいっぱいでした。秘書にはやられました^^;

投稿: なっぺ | 2008.05.18 21:39

□なっぺさん、こんばんは。
やっぱり家族ですよね。カーターの妻のニューファッションみてほしいな、ってとこで、倒れましたからね、カーター、そうだろ。
ピラミッドの上だけで、吹雪のエベレストはやめとけばよかったのに(笑)。
秘書がニコルソンの後をきっと、きちんとやるんですよね。秘書が、最後の願いをかなえるのもよかったですよね。

投稿: 悠 | 2008.05.18 23:07

J・ニコルソン
仕事と結婚しただけあって、男を見る目は確かですよね

投稿: なっぺ | 2008.05.19 09:09

□なっぺさん、こんばんは。
そうそう、男は、上下関係があるときはいいんですけど、フラットで、つきあってくれる友達すくないんですよ。一緒に話してて、3時間なんて男ともだち、2人しかいません、私(^^;)

投稿: 悠 | 2008.05.19 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41186303

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人生の見つけ方@映画:

» 映画 【最高の人生の見つけ方】 [ミチの雑記帳]
試写会にて「最高の人生の見つけ方」 『スタンド・バイ・ミー』などのロブ・ライナー監督によるヒューマン・ドラマ。 おはなし:大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)が入院先の病室で知り合った。二人とも余命は6ヶ月。“やりたいことリスト”に基づき、二人はさまざまなことに挑戦する。 余命6ヶ月の二人を描いても決してお涙頂戴になっていないところが好感が持てました。これが邦画だったら最初から見る気も失せていたかも。『死ぬまでにしたい10のこと』でもそうだ... [続きを読む]

受信: 2008.05.13 18:43

» 最高の人生の見つけ方 [利用価値のない日々の雑学]
やたらと評判が良く評価が高いので、マンデラの初日を蹴って急遽鑑賞に行った。いやいや本当に隙の無いくらい良く出来てる作品だ。ハリウッドならではの作品であり、なんと言うか「優等生」なのである。しかし、どうだろうか、原題は別として邦題の「最高の人生の見つけ方」ってところに固執すると、これが人生なのかい? そんな疑問を沢山残した作品だ。 「人生は如何に人から学べるか?」ハリウッドの好きなテーマのひとつである。設定も良く、裸一貫から一代で築いた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、大学教授... [続きを読む]

受信: 2008.05.17 23:18

« バーボン・ストリート・ブルース | トップページ | シティマラソン10kmにでたいぞ »