« 嫁も姑も皆幽霊@NLT | トップページ | 『YASUKUNI』 »

2008.06.01

小うた静和会@師籍30周年記念

舞台にでるために稽古を始めたのが、3月終わり、あと、1回か、2回稽古があればな〜っても、昔、まじめに稽古してたときでも、そうだったので仕方がないです。

「とんとん、とんがらしの子、ぴりりとからいは山椒の実、においのいいのが、ちその〜葉」@とんがらしの子
「、、、、、、ゆかいに飲んで、肩をたたいてみぎひだり〜、、、♪さいなら♪」

@屋台酒。
これ、客席から、2つとも笑いが。。。師匠,笑わせる唄でなく、しっぽりした唄おしえてくだされいい〜〜〜。

でも、笑ってくれる唄、まーこんな、3分にもみたない唄で客が笑ってくれるんだから、いいんだ、いいんだ、と。

で、男の三味線も弾く弟子以外で、着物+袴姿はおいらだけだったから、うけてました「馬子にも衣装」効果ですね(爆)。

30周年記念だけあって、お祝いのお客さんはくるは、楽屋の差し入れはくるは、、、、師匠は、ぴりぴりだし、受付のベテランもぴりぴりだし、できるだけ、めだたないように楽屋ですごしてました。
宴会状態の先輩が、「悠、何かすることないか、師匠に聞いてこい」というので、「なにか言われたら、いいますので、何もしないで下さい、差し入れの酒でも飲んでて下さい。」ってな調子でしたけど。

祇園コーナーでの舞台ですが、なんと、立ち見(ちゅうか立ち聞きというか)席が出て、おお、すごい、これだったら、舞台後ろの喫茶で、アルコール飲んでちゃ、めだつよね、今日はやめようね、って先輩と。

この世界、名取りになった順番で、唄う順番がきまる世界、一日ちがっても、兄弟子ってな感じなんですけど、私は、稽古はやすんでるけど、古手で、順番がうしろ、稽古されてる方に申し訳ない。謡の舞台より、華やかだし、また出たい(笑)。

|

« 嫁も姑も皆幽霊@NLT | トップページ | 『YASUKUNI』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41397827

この記事へのトラックバック一覧です: 小うた静和会@師籍30周年記念:

« 嫁も姑も皆幽霊@NLT | トップページ | 『YASUKUNI』 »