« 西の魔女が死んだ | トップページ | 古代の日本と朝鮮 »

2008.06.29

能楽師が文楽のかたり・三味線で舞う

野村四郎さん、野村万作(野村萬斎の父)の弟@能楽師と、文楽豊竹咲太夫のかたりのコラボレーション。初めて、京都造形大学@春秋座の舞台を拝見しました。
能界からは、笛 杉市和、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井宏忠 
文楽からは三味線 鵜沢燕三、鵜沢清馗

能@隅田川、能@隅田川をもとにした奥浄瑠璃「白川合戦」。

能舞台の地謡の位置で、咲太夫が、義太夫をかたる。まるで地謡のよう。
地謡=能のバックコーラス。

地謡のかたりより、文楽のかたりの方がすごいのじゃない?

なくなった子の塚にある柳で、うづくまるシテ@野村四郎
咲太夫のかたり、ほんと、からだの酸がひいてゆくような感動を味わいました。

ただ、文楽の方でのその後の息子を失った母の運命は、能ではありませんが、文楽ではこれを描いてました。これはなかった方がいいんではないですかね。

文楽の声って、やっぱり、よく通って(劇場1500人位だったら大丈夫ですね)能の謡(これってやっぱり能楽堂@観客300〜500)の声なんですよね。

詞章のうったえ、もちろん、現代の観客あいてですけど、やっぱり、文楽の方がちからつよいって感じてました。

着物姿で、謡本お持ちのご婦人方もおいでになってましたが、感想をお聞きしたいです。

おいら、この前「小唄の会」で、高砂を習って、舞台でみんなと一緒にウタッタですが、これが、小唄の方がいいって、感じでした、なんだろうこれは?

|

« 西の魔女が死んだ | トップページ | 古代の日本と朝鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41676629

この記事へのトラックバック一覧です: 能楽師が文楽のかたり・三味線で舞う:

« 西の魔女が死んだ | トップページ | 古代の日本と朝鮮 »