« ゲバルトの時代 | トップページ | 時の滲む朝 »

2008.07.27

シンベリアン

子供のためのシェイクスピア、出演者、山崎清介、伊沢磨紀、石村みか、土屋良太、佐藤誓、山口雅義、若松力。石村さんは、田中哲司つながりで、見に行った芝居「城」にでてられた。それと、「ゆれる」@映画。

この間、「ローゼ・ベルント」@燐光群をみたけど、台本が、だいぶかえてあった(パンフに、ドイツでも、旧作を演じるときは、台本が改訂されていて、これは許容範囲内とあった)。

山崎さんの台本は、笑える場面を追加してあったり、簡略化してあったり、動作がおもしろかったり、で、シェイクスピアをお勉強しているみたいにみる舞台とちがって、たのしい。

たとえば、王子が、「剣を!!」との台詞の後、家来がケン玉をわたす、王子,ケン玉をし、「もっと、長い剣を!」

姫が恋人に手紙を書きかけたたまま、机の上に手を伸ばし、寝ている。忍び込んだ、イタリア人がそっと、机をひっぱりー体からはずす、でも、姫の手、体はそのまま。

一人二役をされている、山口さんヤーキモー@武人、ベレーリアス、交代で舞台にでてくるんですが、その台詞が「いままでのことは、裏で聞いていた」

そうそう、舞台始まる前に、黄色いヘルメット隊が、歌う歌!!今年は演歌でした。
8月に韓国公演があるんです、もっと,早めに知ってたら追っかけるんだけど(^^;)

|

« ゲバルトの時代 | トップページ | 時の滲む朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41985412

この記事へのトラックバック一覧です: シンベリアン:

« ゲバルトの時代 | トップページ | 時の滲む朝 »