« 時の滲む朝 | トップページ | マーゴ@ザ・ウェディング »

2008.07.29

狐さんはもういない

「もっと狐の書評」2008,7,10 山村修
本屋によってすぐ購入、帰りの電車にのってる間、読んだ。時間が短い、もっと電車にのっていたい、と思う。
狐さんとの出会いは、っても、文書でしかしらないのですが、「禁煙の楽しみ」。そこで、習ってられる謡の師匠が、友達@雑誌編集者と同じ師匠だったので、メールして知らせた。そしたら、友から、「狐」って名前で、書評をかいてられるってのを教えてもらった。

イッセイ尾形のワークショップに参加されている記録は、別に読みました。
書評は150冊、その1割も読んでいない(^^;)。

岡野玲子、高橋留美子、黒金ヒロシ、山上タツヒコ@「ガキでか」から,西田幾多郎随筆集までの書評がおさめられている。

イッセイ尾形の書評で、尾形さんの舞台をおもいだしました。

「結婚相談所」
一人芝居、主人公は、N響団員(たしか、バイオリン奏者か、ビオラ奏者)@42歳、が結婚相談所にやってきててカウンセラーとの会話。

「え、マザコン?、ぼくが??
は、は、は。
僕はね、母親とねぇ、喧嘩したことだってあるんですよ」

(これ、舞台でみたときは大笑いでした)。

まだ、未収録の書評リストが巻末におさめられている。

狐さんの、新しく出る本についての書評は、もう読めない。。。

|

« 時の滲む朝 | トップページ | マーゴ@ザ・ウェディング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42006556

この記事へのトラックバック一覧です: 狐さんはもういない:

« 時の滲む朝 | トップページ | マーゴ@ザ・ウェディング »