« 失われた弥勒の手 安曇野伝説 | トップページ | 「猫と針」恩田陸 »

2008.08.10

そして私は一人になった@山本文緒

角川文庫、2008,2,25

一人暮らしをはじめた小説家の日記、1996年1月から12月まで。その後、直木賞を受賞して鬱を患い小説がかけなくなった経緯は「再婚生活」にくわしい。

定年退職して、家族がなければ、こういう生活がまっているはずだな〜。

作者の場合、小説家であるので、仕事と編集者をつうじて社会への窓があいているけど、これをのけると、おじさんの定年退職後の生活とそうかわらないのでは、と思う。うーーん。

3月は、春のインドア生活、読書編とサブタイトルがついている。5月は、痩せようとするとなぜ太るのか、というサブタイトルがついているとおり、ジムかよいの生活がかかれている。
今日は好きなことをしようと思い立つのが一人で映画をみる!午前中仕事をして、午後はコンサートという日もある。11月には飲酒量がふえている。
我が身に引き換えて、こういう生活==しかも、仕事抜き、友達抜き==の「おひとり様の暮らし」がやってくるんだ、おいらの場合。もういちど、うーーーーん。

|

« 失われた弥勒の手 安曇野伝説 | トップページ | 「猫と針」恩田陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42129990

この記事へのトラックバック一覧です: そして私は一人になった@山本文緒:

« 失われた弥勒の手 安曇野伝説 | トップページ | 「猫と針」恩田陸 »