« 呼吸機械@維新派 | トップページ | 悠亭日記08-10-4 »

2008.10.05

読書日記08-10-4

「フォー・ディア・ライフ」柴田よしき 講談社文庫01ー10ー15
この前の「シーセッド、ヒーセッド」の方が面白かったです。追いつめられるものが、前の方がうまくかけてました。題材がいいのにおしい。

「彼もまた神の愛でし子かー洲之内徹の生涯」大原富枝、ウェッジ文庫08-8-29
絵のコレクション、批評家の洲之内の生涯を、四国の同人雑誌仲間だった大原富枝が描く。美校を左翼運動で中退、軍隊にはいり、中国の情報活動をしていて、復員。<戦争>と<共産主義>に翻弄されてます。
中国時代にみた暗黒がかれにやどっている。
この本を読んでると、戦時中上海にいた堀田善衛などの本をよみたくなる。

|

« 呼吸機械@維新派 | トップページ | 悠亭日記08-10-4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42689832

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記08-10-4:

« 呼吸機械@維新派 | トップページ | 悠亭日記08-10-4 »