« 風のガーデン@シナリオ | トップページ | わが教え子、ヒットラー@映画 »

2008.10.18

詩人の恋@演劇

加藤健一(老教授)vs畠中洋(若きピアニスト)
天才ピアニストが挫折し、リハビリにやってくる。教授は、ピアニストにピアノではなく、歌を教える。この教え方がユニークなんだ、こんな風に教えてほしい。
聞いていると、歌って、人生って、なんと豊かなんだ、と思う。この豊かさが、セックスの喜びの豊かさにたとえられたりする。うーん、やっぱり肉食人種(笑)
1985年のころ(?)の話で、ナチスのダッハウ(強制収容所)のことが語られたりする。

「そう、歌ので出だしは暗い、間がある、この間は、ピアノが、歌を受け止めている間だ、ピアノは、明るくしようと弾く、間がくる、歌がこれを受け止めている、すこし、歌はかるくな歌いだされる 間がくる ピアノはこれ以上あかるく弾けない、間がくる 歌は自分自身で希望を見つけるように明るくなる、、、」ってな教え方です。

「偉大な音楽家は、抑圧された民族の中からでる、イギリスには偉大な音楽家はいない、日本もいない、韓国にはいるかもしれない、、、、」

こんなお話が、
教授「菓子パン、たべるか」
青年「いただきます」
老人手をだして「20シリング」(おくれ)

ってな、笑えるシーンと交互に。

いい、お芝居でした。

|

« 風のガーデン@シナリオ | トップページ | わが教え子、ヒットラー@映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42823633

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人の恋@演劇:

« 風のガーデン@シナリオ | トップページ | わが教え子、ヒットラー@映画 »