« わが教え子、ヒットラー@映画 | トップページ | アフターダーク@村上春樹 »

2008.10.21

ときどきムラカミ・ハルキ

図書館で「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」文・村上春樹 絵・安西水丸
を借りる。同世代の作家なのでときどき書かれる本を気にしてます。この前はジョグを始めたころなんで、「走ることについて語るときに、、、」読んで以来。

で、この本は、いつもとちがって、まー、中島みゆきがディスクジョッキーのときの「が は は」と「別れ歌」歌うときくらいの差があります。ハルキさん、ちょっぴりHだし。

きずつかないための<ピーターの法則>「まず妻よりはじめよ、あとの世間は簡単だ。妻のいない人のことまでは、、、、知らない」
こういう文章読んでいたら、ハルキさんのまじめな小説のユーモアがわかるようになる。

|

« わが教え子、ヒットラー@映画 | トップページ | アフターダーク@村上春樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42864716

この記事へのトラックバック一覧です: ときどきムラカミ・ハルキ:

« わが教え子、ヒットラー@映画 | トップページ | アフターダーク@村上春樹 »