« リゴレット@オペラ | トップページ | 読書日記08-10-4 »

2008.10.05

呼吸機械@維新派

<彼>と旅をする20世紀三部作#2と副題がついてます。
野外特設舞台、びわ湖水上舞台とあるように、びわ湖の砂浜が舞台、舞台の奥はびわ湖、客席は舞台にむかって、階段上になっている。そとでは、屋台がでたてました。

アンゲロプロスの20世紀3部作みたいで(って、「エレニの旅」しかみてないのですが)。終って電車に乗ったら,若い女性がたくさんのってきたので、きっと、呼吸機械、観てたのでしょうね。

第2次世界大戦中の東欧、戦災孤児らは、たくましく、しかし、さまよっている。

旅をする巨大な彼<人形です>がときおり舞台をよこぎる。

戦争がおわったら、<共産主義万歳!>みたいに子らは、巨大なレーニン像に旗をふる。

旅芸人たちは、神が世界をつくり、バベルの塔をつくる人を懲らしめるところまでをかたる。

ダンスは、集団なんですけど、その中で鋤をもって振り下ろすってな動作だけの人もいたんで、あれなら、できるぜ!と、帰ってまねしましたけど、うまくできませんでした。

じわっと、20世紀って戦争と<共産主義>の時代だったんだ、これに翻弄されてたんだ、と。
最後、互いに向かい合い、抱き合い、進み、倒れ、またすすむ、これが感動でした。

最後は、舞台に水がながれ、そこで、踊るんですけど、役者さん、倒れるときは、水にぬれてました。
一番前で観劇してましたけど、寒かったです。
終ったら、屋台で、焼酎のお湯割りのんでました(笑)。

|

« リゴレット@オペラ | トップページ | 読書日記08-10-4 »

コメント

あ~
これスタッフの女の子に誘われましたが
高くて断りました
見に行かれてたんですね~

投稿: maki | 2008.10.05 21:02

□makiさん、こんばんは。
じゃ、スタッフの方観にこられてたんですね。
舞台のあるあたりのびわ湖は、対岸がみえず、海みたいでした。で、最後舞台にも水がながれ、俳優さんたち、海に浮かんで見えて、よかったですよ。

投稿: 悠 | 2008.10.05 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/42689686

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸機械@維新派:

« リゴレット@オペラ | トップページ | 読書日記08-10-4 »