« サド侯爵夫人〜その2 | トップページ | 初マラソン大会10kmの部(40歳以上の部 ^^;) »

2008.11.07

ときどき佐々木譲

「犬どもの栄光」集英社文庫、1990-8-25
「夜にその名を呼べば」早川書房 2008-5-15

「犬」は舞台が札幌ちかくの倶知安町、「夜」は第三部が小樽が舞台。
函館はロマン、小樽はリアルって作者がかいている。

乾いた叙情。これがいいんですよ。

「犬」は警官、学生運動の残党、当時の警察官をめぐって物語がすすみます。
これは、当時の状況にひかれて読みました。

「夜」は、逢阪さんの「カディスの赤い星」のように外国を舞台にしたミステリを期待して読みました。

こちらも、警察官がでてきます。でも、放浪される商社マンが主人公です。

「犬」は、「過去に一瞬のときがあったら、それだけをまもって生きて行ける」ってな台詞に泣けた。「過去にとらわれて今が生きられない」なんて批判は承知ですが、こういう台詞に酔いたい夜もあるのさ、と言っておこう。

「夜」も同じ叙情がある。佐々木さん、しばらく読む予感が(笑)

|

« サド侯爵夫人〜その2 | トップページ | 初マラソン大会10kmの部(40歳以上の部 ^^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43041561

この記事へのトラックバック一覧です: ときどき佐々木譲:

« サド侯爵夫人〜その2 | トップページ | 初マラソン大会10kmの部(40歳以上の部 ^^;) »