« マラソン本 | トップページ | 読書日記2008-11-19 »

2008.11.16

ハッピー・フライト@映画

なんか、くすっという笑いの映画でした。外国では、うけるのだろうか、と心配(~~;)笹野さんなんか出番のわりには、台詞いくつだったのだろうか、ってくらいすくない台詞。
綾瀬さんが、寺島しのぶさんから、ビーフがすくないので、他をすすめる台詞を、くりかえすのだけど、一カ所ちがってって、笹野さんが、ビーフを食べるのをやめるとか、ほんとくすっでした。

岸部さんは、デジタルには、詳しくないのだけど、アナログで、本領を発揮したかとおもうと、孫の手で背中をかく中年にもどってるとか。

平岩紙(大人企画)さんが、これまたとぼけてまして。
田中哲司、ベンガル、中村靖日(「運命じゃない人」)、田畑智子、木野花、柄本明さんぞくそくと登場。竹中直人さん、ごこででてられたか、みうしなった(残念)。肘井美佳、舞台の人かな??

|

« マラソン本 | トップページ | 読書日記2008-11-19 »

コメント

こんばんは♪
竹中直人さんを見失われたんですか?
エンドロールでチラッと映っただけだったので見逃した方も多いかしら。
矢口監督の前二作が超好みだったので、カタルシスという意味で物足りなかったのかもしれません。
もちろんクスッと何度も笑わせてもらったんですけどね。

投稿: ミチ | 2008.11.17 22:56

□ミチさん、こんばんは
2作は、目的達成にむかうプロセス、プラス笑いだったのい、今回は、emergencyを発動するまでと、その回復のプロセスと、2つにドラマがわかれてたましたもんね。その意味ドラマとして、ちょっと、薄めでしたかねrain

投稿: 悠 | 2008.11.18 03:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43133879

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピー・フライト@映画:

» 映画 【ハッピーフライト】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ハッピーフライト」 『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作。 おはなし: 副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。彼は試験教官として同乗する機長の原田(時任三郎)を前に緊張感を募らせていた。 今回の矢口監督作品は飛行機&空港が題材。この題材ではいくらなんでも『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』みたいに音楽でノリノリなクライマックスやカタルシスは得られないだろうと予想はついていました。 一... [続きを読む]

受信: 2008.11.17 22:54

» 「ハッピーフライト」 [利用価値のない日々の雑学]
「ハッピー・フライト」(原題はVIEW FROM THE TOP)というグウィネスが主演のハリウッド作品があったが、これは燦燦たる内容だった。中黒が間にない邦画「ハッピーフライト」はそんな過去の忌まわしい鑑賞体験が邪魔をして、全く異なる内容だと知っていたが中々鑑賞に踏み切れなかったが、後押ししてくれたのはテレビメディアで見せる綾瀬はるかの「天然」であり、要するに、このところサイボーグや座頭市という突飛な役が続き、銀幕では天然ぶりを発揮していなかったので、それが見られれば良いと思い、シネコンまで足... [続きを読む]

受信: 2008.11.24 22:07

« マラソン本 | トップページ | 読書日記2008-11-19 »