« パリ、恋人たちの2日間@DVD | トップページ | 読書日記2008-11-28 »

2008.11.27

日時計の影@中井久夫

みすず書房、2008ー11ー14   

「余生を神戸で送る幸せ」「神戸の町の隠れたデザイン」というエッセイが納められていて、あとがきは「やや、日射しお強い秋の日、孫文ゆかりの神戸にて 2008年10月10日、とある。神戸って、やっぱりなつかしい。

「老年性痴呆症への対応と生活支援」痴呆症の初期状態を遅らせることができたら、という。そうか、おくらせれば、なくなるまでに初期症状のままいられるんだ。治すより、進行を遅らせればいいんだ。

「伝記の読み方、愉しみ方」では、ドイツ製のミステリーがない、とかいう言葉にであうとうれしい。日本の伝統は、お化け物語、そうか、「しゃばけ」とかそうだもんな、伝統にのっとってんだんだ。

その中に、ロボトモービルーロボトミー、手術につかう器具を乗せた小型トラックーを運転して、ロボトミー手術をする医師、後に米国精神医学会の会長になる。

え、え、じゃ、「カッコウの巣の上で」ってのは絶対、これに対する反抗の劇だったんだ。

|

« パリ、恋人たちの2日間@DVD | トップページ | 読書日記2008-11-28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43246967

この記事へのトラックバック一覧です: 日時計の影@中井久夫:

« パリ、恋人たちの2日間@DVD | トップページ | 読書日記2008-11-28 »