« 不法な王位簒奪者は殺される | トップページ | タロットカード殺人事件@DVD »

2008.12.31

アニー・ホール@DVD

ウディ・アレン監督、出演 ダイアン・キートン共演
ダイアン・キートンは、アレンと暮らしてたことがあるんだ。

わぁー自意識過剰、ユダヤ人の宗教、生活、意識を笑いとばしている。男女の仲も。

アレンとキートンのベッドシーンで、キートンが、幽体離脱して、客席に語りかける。どっか、アレンとキートンの私生活をのぞいているみたい。

映画をみるために並んでいる後ろで、マクルーハンについて、ぐだぐだ批評するインテリがいる。ここで、マクルーハンがでてきて、「君の理解はまちがっている」と対話する。

キートンと、アレンが、別々にカウンセリングを受けているんだけど、これを画面を半分、右、左で、同時に進行させる。

キートンと、アレンが、かっこつけて会話している。でも字幕に、「この人私を馬鹿だと思ってるのかしら?」「いい子だ、親しくなりたい」とでる。
キートンとアレンが別れたあと(これ映画の話です)、アレンが、二人のことを芝居にして舞台にかけたりしているので、私生活、フィクション、ノンフィクションの区別が混然としてくる。

会話の最中、アレンが客席にむかって語りだす、あーこれこれ、ボードヴィルの手法なんだ(^^)、チェホフの喜劇(って名がついてるけど、悲劇的に演じられる)も、ほんとは、こんな風に、演じられるはずだったって、沼野さんが書いてたな〜。

グルーチョ・マルクス「私を会員にするなんて、そんなひどい会に入りたくない」

相談者「私の弟は、自分をめんどりだと思ってるんです」
精神科医「長期入院が必要だね」
相談者「それはだめです」医師「?」
相談者「私は、でも、卵がほしいいんですよ」

これ、映画に引用されてますが、こんな質の笑いです。

|

« 不法な王位簒奪者は殺される | トップページ | タロットカード殺人事件@DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43582774

この記事へのトラックバック一覧です: アニー・ホール@DVD:

« 不法な王位簒奪者は殺される | トップページ | タロットカード殺人事件@DVD »