« 出雲の阿国@前進座 | トップページ | DVD2作 »

2009.01.18

007/慰めの報酬

ドミニコ・グリーンを演じた役者さん、「ミュンヘン」で情報屋=どちらに側にもつかない、どこにも所属しない=を演じてられたとき、素敵だったのですよ。今回も素敵ですね(悪役なんですけど、裏表使い分けて、儲けて、どこがわるいんの?って感じなんですけど)。

引退したエージェントの「善悪がはっきりしない」という言葉が象徴してます。

ボンドのカーチェイス等超人的な技を楽しむには映画です、DVDでなく。
こんなのは、邦画にはありません。

今回のボンドのお相手役長谷川京子に似てましたね、まーきれいだからいいのですけど(^^)。

しかし、アメリカってどこの国にも手をのばす国なんですね、「チェ 28歳」でもそうでしたけど。

|

« 出雲の阿国@前進座 | トップページ | DVD2作 »

コメント

こんにちは♪
悠さーん、「慰み」になってますよ~~!
「慰め」と「慰み」じゃかなり意味合いが違ってくるような(爆)

グリーンを演じた人って「潜水服は蝶の夢を見る」の人でもあるんですよね。
あの映画では残された眼の瞬きが印象に残ったので、今回も彼の眼ばかりが気になりました。
確かに眼で訴える力のある人かも。

投稿: ミチ | 2009.01.18 11:59

□ミチさん、こんにちは。
さっそく表題なおしときました。ご指摘ありがとうさんです。
「潜水服、、」みてないんですよ。さっそくDVD借りてみます(近所にあるかな)。

投稿: 悠 | 2009.01.18 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43771894

この記事へのトラックバック一覧です: 007/慰めの報酬:

» 映画 【007 / 慰めの報酬】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「007 / 慰めの報酬」 シリーズ第22弾。監督はマーク・フォスター。 おはなし:愛する人を失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていた人物を追ううちに新たな悪の組織の陰謀を知る。 前作「007 / カジノ・ロワイヤル」の一時間後に当たる本編は、いきなり迫力のカーチェイスからはじまりました。畳み掛けるようにアクションシーンが続きます。この前半15分ほどのアクション・・・特に工事現場でのロープを使ったアクション・・・には目を見張りました。屋根の上のチェイスと競馬、オペラと... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 11:56

« 出雲の阿国@前進座 | トップページ | DVD2作 »