« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.28

英国王給仕人に乾杯!

さすが、カフカの国の、ヒットラー映画なんですけど、カフカの「変身」のような乾いた笑いがあります。

駅の売り子から、ホテルのオーナーを目指して、給仕として働く主人公の身におこる様々なこと。給仕をたんなる被害者にしていない。ドイツ兵士たる妻が、強制連行されたユダヤ人の収集した切手のおかげでホテル王になるんだから。

「すべてを見ない、しかし、すべてを見ている」「すべてを聞かない、しかし、すべてを聞く」とのモットーを繰り返す給仕。まるで、植民地の国民の標語ですね。
「見る、聞いたことを忘れない」って、反抗を禁じられた、大国に蹂躙された庶民のおもいなんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

PARIS

パリはおしゃれだ、セクシーだ、軽薄で、薄情で、移り気で、でも、おしゃれでセクシー。
住んでる人たちも。
移民、アフリカからパリにわたってくる人たち、底辺の仕事、デモetc、アメリカ音楽、パリの現在報告でもあるんでしょうね。
『親密すぎる打ち明け話』で、セラピストと間違われた税理士を演じていたファブリス・ルキーニが歴史学の教授を演じている。女子大生に恋しストカーみたい。女子大生と部屋で踊ってる姿ーーあれって、むかしはやったゴーゴーダンスだよね?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.02.21

トゥルー・ストーリーズ@ポール・オースター

柴田元幸訳、新潮文庫、2008-1-1
「東京奇譚」村上春樹に似てるな〜。訳者も村上さんが翻訳するとき、相談するという柴田さんだからか(^^)

台湾で住むアメリカ人同士が、姉の話をすると、同じ番地にすんでいることがわかる。その1年後、一人の姉と結婚した私が、本屋にいると、もう一人の姉が、私と,妻の名をいいあてる。

続きを読む "トゥルー・ストーリーズ@ポール・オースター"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チェンジリング 運命の日 等

チェンジリング、昔観た「スタンドアップ」と重なる。ヒロインの努力で社会がかわるってところが。

電話会社で働くシングルマザーの子が、行方不明になる、警察は頼りにならない、不正を働くと批判されているロスアンジェルス市警察は、、、、ってな物語です。
これが1928年のお話。

この間読んだ本「運命の日」デニス・ルヘイン、2008-8-25 早川書房
1918年、ボストン市警察で、警察官が待遇改善をもとめてストを起こす物語だ。
どちらも共通なのは、ベーブ・ルースがでてくるところかな(笑)

続きを読む "チェンジリング 運命の日 等"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009.02.15

元祖今晩屋@夜会

安寿と厨子王の物語を下敷きにしたってパンフにはあるんですけど、前半、う??いつもの夜会のように物語がない。。。。
前半の厨子王を演じたコビヤマ洋一さん@元状況劇場と安寿を演じた香坂千晶さんが後半で、コビヤマさんは、左官屋、香坂さんは、水族館の飼育係としてあらわれ
左官屋「うーん、どこかであったことがある!」
飼育係「私も!もう少しで、思い出せる!」

な〜んだ、状況劇場風にやるという趣向なのね、今回の夜会(^^)

続きを読む "元祖今晩屋@夜会"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.02.11

今日は予定が一杯!!

カンパニー・マリー・シュイナール
  『オルフェウス&エウリディケ』@びわこホール
大津がパリになり、踊り子さんは、パリジェンヌ(笑)。
やっぱり、ビナ.バウシュ@ドイツ=理屈の国の踊りとはちがう(~~)
すいません、カナダの方でした。会場で売っていたマリー・シュイナールさんの本がフランス語でかかれていたために誤解してました。

続きを読む "今日は予定が一杯!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.07

火天の城@山本兼一

近所の映画館で映画をみるか、ぼーっと読書して過ごすか。
結局、読書して過ごす。
安土城を建てた棟梁の物語(西田敏行主演で映画になる予定)。

石積み、設計、木造高層建築、建築に使う木をどうするか、
瓦をどうするか。
面白かった。職人物語、親子の対決物語、信長の意匠(建築で何を望んでいたのだろう?)。それと城作りを邪魔する忍者等がからむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

期間限定アスリート

ってはじめたジョギング。一年をすぎました。
今日は、JR近江八幡駅から長命寺まで約7km。20090207002長命寺に水茎の里っていう、観光客が陶芸体験をできるお店があって、そこで、喫茶&食事処があり、そこで、トーストセットたべて、バスで駅まで。
まー田舎のJRの一駅を走りました。
東京駅から有楽町までってのってちがって田舎の一駅は、東京駅から新宿駅くらいあるんだから(うそです)。
びわ湖対岸の比良山系 山頂は雪がつもってますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.03

ミレニアム1@スティーグ・ラーソン

「運命の日」を途中まで読み始めてたんだけど、ミレニアムを読んだら読み終えずにはおけない。ってんで、昨日から読み始めて、今日読み終わりました。

風邪がなおりかけじゃ、もう、少しだというのに、ショットバーで、読みふけり、風呂で、寝床で読み、風邪がぶり返してきそう。



続きを読む "ミレニアム1@スティーグ・ラーソン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.01

チェ39歳の別れの手紙

チェって、古谷一行さんに似てるな(^^+)
キューバ革命のあと、ボリビア革命へ。

「ガンタナメナ、ガヒラ・ガンタナメーナ、わたしはうまれた、南のしまに♪」ってな、あかるい歌とともに記憶しているチェ・ゲバラ。

続きを読む "チェ39歳の別れの手紙"

| | コメント (2) | トラックバック (6)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »