« チェ39歳の別れの手紙 | トップページ | 期間限定アスリート »

2009.02.03

ミレニアム1@スティーグ・ラーソン

「運命の日」を途中まで読み始めてたんだけど、ミレニアムを読んだら読み終えずにはおけない。ってんで、昨日から読み始めて、今日読み終わりました。

風邪がなおりかけじゃ、もう、少しだというのに、ショットバーで、読みふけり、風呂で、寝床で読み、風邪がぶり返してきそう。



経済誌「ミレニアム」の記者ミカエルは、大企業の経営者について、スキャンダル記事をつかみ、発表する。しかし、それはガセネタで、ミカエルは名誉毀損罪で服役することになる。「ミレニアム」も廃刊の危機。

今は引退しているちがう経営者から、ミカエルに「島で36年前行方不明になった孫娘、誰が彼女を殺したかを明らかにしてほしい」「明らかにしてくれれば、名誉毀損だといった人物の情報を提供する、雑誌のスポンサーになる」と提案される。

ミカエルと協力者となる調査員リスベット、20歳代だが、15、6歳にしかみえない、背ににドラゴンのタトゥーのある、ロックシンガーのような出で立ちの女性。

この他人のこころをひらかない、しかし、仕事はできる、彼女が魅力的なんですよ。

日本でいえば、木枯らし紋次郎、ちがうか、首相のすきな漫画で言えば、ゴルゴサーティーンのようなキャラ立ちか(笑)

上巻は、このミカエルの物語と、リスベットの物語が交互に展開してゆく。

下巻で、やっと二人が交差し、経営者を追いつめて行く。

(ただ、リスベットが行う、ネットを利用した銀行取引が、複雑でおいらには、飲み込めない、まーそんなことをおいといても、面白い小説でした)。

今日は寝て風邪をなおそう。

|

« チェ39歳の別れの手紙 | トップページ | 期間限定アスリート »

コメント

風邪ですか~
お大事に!

投稿: maki | 2009.02.04 00:49

□makiさん、こんばんは。
明日は休めない仕事があるので、明日までになおさなきゃだったのですよ。本当に、今日、なおりました。
まー気力ってことで(爆)<不摂生があかんのや!
(っても仕事場でうつされたのですけど)

投稿: 悠 | 2009.02.04 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/43947492

この記事へのトラックバック一覧です: ミレニアム1@スティーグ・ラーソン:

« チェ39歳の別れの手紙 | トップページ | 期間限定アスリート »