« 村上ラジオ@新潮文庫 | トップページ | 舞台出演記 »

2009.03.27

稽古日誌2009-3-27

28日が舞台なんですけど、その前日、出演者(つーことは萬斎さんも)がそろってリハーサル室で2回、衣装をつけて、本番用舞台で2回、それと抜き稽古2回。

舞台のはじめに影絵がでてくる舞台があって、いままでの稽古では、それにはでなくてもいいですってことだったのが、月崎さんから「私の後についって」って言われて急遽でることになりました。客席から、影絵観ておいらだときずくわけもないからいいか。

そんな気持ちだったから、最初真ん中むいてて、月崎さんが舞台にむくとき、舞台のそでにかえるべく、うしろ向きそうになって、月崎さんに、肩もたれて、向きなおされました。

後、相撲にまけた武官がまけたとき、「あーあ」って声をかけるのが、おいらだけはやすぎた。

おいらに、ダメだしがでたのは、これだけかな。

片膝つくばめんがあって、リハーサル室。

明日は、大ホールで、「モー娘。」公演が、2時30分、6時30分から、あるので、スタッフのパスをかならずつけて下さい。ないと、モー娘。のファンが楽屋に侵入したとつまみだされます(笑)なんて、注意をうけて解散。

しかし、おいらたちは、明日の公演だけだけど、出演者は、25日、26日新潟公演おえて今日の稽古だから、大変だよな。

他のパートへの「そこは、スピードつけてちゃだめ、ゆっくり雄大に、その間をひょいひょいと抜けて行くコントラストが面白いのだから」「子供たち、舞台で目をうごかしちゃだめだよ(そこに客の視線がゆくので)」「その台詞が客席にはなにいってのだかわからない」演出の説明。

おいらは文官で、秘密兵器の戦車(組体操の人間ピラミッド)を呼び出し、対戦させるってな役だけど、子供をよぶとき、文官は、命令にはなれてるから、さっとよ呼ぶ、戦車がまけたら、責任追及されないようにさっともどるってな説明をうける。

|

« 村上ラジオ@新潮文庫 | トップページ | 舞台出演記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稽古日誌2009-3-27:

« 村上ラジオ@新潮文庫 | トップページ | 舞台出演記 »