« 英国王給仕人に乾杯! | トップページ | 稽古日誌2009ー3ー8 »

2009.03.07

『春琴(しゅんきん)』谷崎潤一郎「春琴抄」「陰翳礼讃」より

舞台はモノトーン、これって、料亭でも焼肉屋でもふえてるよね、日本人のDNAなんだ(^^).
少女時代の春琴は、人形。深津絵里らが人形をあやつって声は深津絵里。なんとも高慢ちきな薬種商のお嬢さん。ヒステリックに、丁稚の佐助をなぐる、ける、ときには、客席に笑いのでるくらい。

フロイトの時代のヒステリー、当時の女性の地位の低さ、官僚、政治家すべて女性排除、のせいではって説もあります。明治初期の日本女性も、イエの奥深くで暮らすしかなかったんでしょうね。

「ええか、うちがきついのは、あんたの芸を上達させようとおもってるからや!」
「なんで、うちが、あんたみたいな丁稚を婿にもたんならんね!」
「暑い!(扇であおがんかい!)」
「それは食いとうない!」「そんな着物やない!!」

ばしっばしっと佐助にふるう、春琴の暴力のすさまじさにはぞっとするところもありました。ドメスティック・バイオレンスですね(^^)
そういゃ、日本の芸道物語もサド&マゾですもんね。

盲目の春琴は、籠のなかのひばりを、天気のいい日に外に放ち、その声をきくことを楽しみにしている。その、ひばりは、外に放たれても一時間ほどたったら、春琴の前にもどってくる。

盲目の春琴が、顔に熱湯をかけら、醜くなったとき、佐助は、自分で目を針でつき、盲目となる。その後、訪れる、春琴と佐助の平穏な愛。

二人は生まれた子をすべて里子に出している。当時の家族主義に反してるのに、よく、この小説かけたよねと思ってしまう。

春琴の三味線の師、本條秀太郎師の三味線と唄がよかった。
それと、4本の棒で、日本家屋、ふすま、ふすまが開くさまなどを表す等がよっかった。

宮城さんの劇団の演じる人と読む人がことなる芝居、穣晴彦さんの読み芝居ににてる感触でした。
少女時代の高慢ちきなところは人形が演じてました、この人形の存在感がすごかって。
役者が演じるー役になり切るとか、役を生きるとかいいますけど、人形ってなんにも考えてないですよね。あの人形の存在感はなんなんでしょうね??近演劇の手段

スタニラスフスキーシステムなんてなんなんでしょうね??

|

« 英国王給仕人に乾杯! | トップページ | 稽古日誌2009ー3ー8 »

コメント

面白そうなお芝居ですね。
舞台の情報は、どこから仕入れてらっしゃるんですか?

投稿: maki | 2009.03.08 09:28

□makiさん、こんばんは。
雑誌「テアトロ」、「悲劇喜劇」を購読してるのと、観劇友達からのお知らせですかね。
多分、東京に住んでたら飲みにでるより、芝居みてるとおもいます(笑)
地元の公共劇場で芝居がみられるってのがいいですけど。

投稿: 悠 | 2009.03.08 21:32

しっかり情報源をお持ちなんですね~
先日、東京に行く機会があったんですが
情報が有れば、お芝居とか見に行けたのになぁと残念ですconfident

投稿: maki | 2009.03.08 23:14

□makiさん、こんにちは。
東京出張だったんですよね。計画しとかないと、漫然とすごすことになりますよね。っても、東京、ぶらぶらしてても、おもしろいですけど。

投稿: 悠 | 2009.03.09 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/44273722

この記事へのトラックバック一覧です: 『春琴(しゅんきん)』谷崎潤一郎「春琴抄」「陰翳礼讃」より:

« 英国王給仕人に乾杯! | トップページ | 稽古日誌2009ー3ー8 »