« オペラ『電話』@メノッティ | トップページ | アンア・カレーニナ »

2009.04.04

義経千本桜@文楽

通し狂言「義経千本桜」の「通し狂言」に魅かれて行ってきました。

静御前を守る狐忠信の場面とか、知盛がでてくる渡海屋、維盛がでてくる「すしや」とか、べつべつに場面が上演されるんだけど、いったい、全体はどんな物語なのか、さっぱりわからない。ぜひ、台本を手に入れたい、ってのが目的で第一部だけいってきました。

おおーー!!こういう物語だったのね。義経が、京都から吉野までおちのびるつぅー物語だったんだ(^^)

初段「堀川御所の段」さっと、語られて調子がよかった。
頼朝の使者が、義経に謀反ありと詮議にくる。そのひとつ平時忠の娘を妻にしているってのがあるんですけど、この疑いを晴らすために、娘は自害する。使者は、義経=頼朝の和解をはかろうとするが、弁慶のおかげでダメになる、つーことは、娘さんの死は役にたたなかったんだ(;;).

義経にすがる静御前を、木にくくりつけて、逃げ延びるって、理不尽な話もはいってます。
この段に、渡海屋、「すしや」、「鼓と狐の忠信」の伏線がはられてます(^^)

渡海屋の中を語られた、豊竹咲甫太夫さんの語りがこころよかったですね。咲太夫さんの語りはたっぷりってな調子でしたが、ついつい、船を漕いでました、おいら(笑)。

|

« オペラ『電話』@メノッティ | トップページ | アンア・カレーニナ »

コメント

>悠さま
主演は忠信、知盛、権太と思っていましたが、義経千本桜というタイトルのとおりタイトルロールは主演なんや。
午前は三番叟と渡海屋、午後はすし屋と四ノ切と豪華ですが、さすが通しは脳がへばりました。
千歳さんと清二さんのコンビは大音量でした。

投稿: とみ(風知草) | 2009.04.12 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/44567529

この記事へのトラックバック一覧です: 義経千本桜@文楽:

« オペラ『電話』@メノッティ | トップページ | アンア・カレーニナ »