« 雨の夏、30 人のジュリエットが還ってきた(2) | トップページ | 09ー5ー30 »

2009.05.30

雨の夏、30 人のジュリエットが還ってきた(1)

作清水邦夫VS演出蜷川幸雄 清水さんの作品って、切なくって、どこかおいらの涙腺が刺激されます。 中川安奈さんが急病で、5月29日マチネ休演、人生初で出くわした休演。払い戻し、えっ、えっ、そんな、おいらこのお芝居みるために新幹線のってきたんですけど、この日のソワレは、新国立劇場のチケットとってるんですけど(泣)しかたないや、と、ソワレの立ち見席のチケットもとめる。立ち見席、老人にはつらいんですけど、ごほっ、ごほっ。でも、舞台は、山本龍二、古谷一行、三田和代、鳳蘭とか、老人パワー炸裂してました。
(物語)北陸に戦前あった少女歌劇団(宝塚歌劇団をまねて)。団員は、戦時中(っても、第二次世界大戦、若者よ、日本は、世界を相手に、アメリカを相手に闘ったんだよ)、軍事工業へ動員中、戦火にやられて、それぞれは死亡したり、ちりじりに。それから30年。 歌劇団の名花・風吹景子(三田和代)は、6ヶ月前に意識をとりもどす。が、意識は、30年前と同じ。ゴールデンコンビといわれた相手弥生俊(鳳蘭)を待ち続けている。 少女歌劇団の応援団バラの戦士(男)たちは、いまや、図書館長、病院長、取締役等になっているが、景子の思いをいれて、昔通り、百貨店で、当時のメンバーを集めて、「ロミオとジュリエット」を再演しようとしている。 おいらは、30年ぶりに、少女歌劇団の面々が、百貨店にあつまり、再開する場面にうるっときました。かって集団を組んだ仲間が、当時の思いのまま再会する、そんなことは、ありえないんですけどね。出会えたらと思ったら、ねぇ。 30年前の衣装で、当時の精神のまま、でも、肉体は、確実に30年年をとっている、これって、ほんと、当時の思いのまま、再会するグロテスクさと通じてます、はい。 「ロメオとジュリエット」は、最後のロメオ追放の場面、群衆のロメオ、群衆のジュリエットが登場する。ロメオと同じような青年が追放され、ジュリエットと同じように追放される若者の恋人が嘆く。残ったバラの戦士たちが、何をやりたがってたかがわかりました。 このあと、語られる「自分の歌を歌え!」ってな絶叫、当時の小劇場作品の最後の独白+絶叫おもいだしましたよ(野田さんだって、「贋作/桜の木の下で」でやってました)。

|

« 雨の夏、30 人のジュリエットが還ってきた(2) | トップページ | 09ー5ー30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/45177143

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の夏、30 人のジュリエットが還ってきた(1):

« 雨の夏、30 人のジュリエットが還ってきた(2) | トップページ | 09ー5ー30 »