« おっぱいバレー | トップページ | ♪うそはーーだれかがーおしえてくれるぅーーー♪ »

2009.05.04

砂浜の精神病院、パットブーンの砂に書いたラブレターが流れてる

医師光一/田中壮太郎、葵・六条/久世星佳 青年・駐車場管理人/吉見一豊 その他

精神病等で、六条が学生時代、顕微鏡で蟻をみていた幸福な日をかたり、「私蟻になっt、この壁を抜け、病院をでてバイク駆けて行くんだ」とバイクの鍵ほうり、これを医師光一が受け取る。こりゃ、「愛」をうけとっちまったってことですよね。

光一は、葵と婚約/結婚する。一緒に見学にでかけた、サーキットで葵がつわりで苦しんでるときに、六条にであう、六条は、東京で棲むので、不動産屋を紹介してほしいという。

みつけた部屋で、六条と光一が話している、外では、葵と不動産屋が聞いている、葵を探しに外にでると、実は、葵は、部屋の天井にいる。葵はそこで自死する。光一は精神に変調をきたす。
精神病患者となった光一と、見舞う六条が出会う。

光一とであったときの六条の幸せをしってるだけに、最後は切ないですね。
葵と六条を一人で、しかも、リーディングでやった女優さん、さすがです。

|

« おっぱいバレー | トップページ | ♪うそはーーだれかがーおしえてくれるぅーーー♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/44905510

この記事へのトラックバック一覧です: 砂浜の精神病院、パットブーンの砂に書いたラブレターが流れてる:

« おっぱいバレー | トップページ | ♪うそはーーだれかがーおしえてくれるぅーーー♪ »