« 「ディア・ドクター」 | トップページ | マクベス@びわ湖ホール »

2009.07.10

ゴールデン・スランバー

伊坂幸太郎、2008年、新潮社刊
いやぁ、面白い本でした、最後まで読みつづけると、わーっと感動が!泣かされます。

仙台で、首相が爆弾で殺害される。犯人とされたのは主人公。マスコミ、警察の対応。でも、主人公はやってない。この主人公が逃げ延びる三ヶ月。いろんな人、いろんなことが、最後に、つながってゆく。その間に、過去がカットバックされる。

人間っていさましく生きちゃ、だめだよ。逃げ延びるんだよ。それを支援してくれる、というか、すこし、協力してくれる回りの人々。
「人生はロックだ、という青年」
「あんたは、チョコレートを割って、多い方を人にくれる、よくできましたって人じゃない、と同棲を解消した恋人」
「うちの息子は、痴漢は死ねって書き初めして賞をもらったんだ!と息子を信じる父母」
「病院で、ゆるくいきている癒し系のおじさん=なんの役にも立ちそうじゃないんだけど」
「主人公がレイプされるところを助けたアイドル」

これがばらばらなんだけど、最後につながってゆきます。

|

« 「ディア・ドクター」 | トップページ | マクベス@びわ湖ホール »

コメント

ゴールデンスランバー、とても面白いですよね!
伊坂天才!?と思わせてくれますconfident
「魔王」も読まれました?

投稿: maki | 2009.07.11 06:08

悠さん、おはようございます
おもしろかったですか。伊坂さんの本は1冊「グラスホッパー」を読んでとても怖かったのでそれから手が出ないんですが、また手を出してみようかな~

投稿: nazuna | 2009.07.11 09:54

□makiさん、こんばんは。
ゴールデンスランバー、感動しました。
(ちらと、1984とビッグブラザーってな言葉がでてきます)。
魔王、読んでないんですよ(;;)

投稿: 悠 | 2009.07.12 01:00

□nazunaさん、こんばんは。
私も、グラスホッパーを読んでから、伊坂幸太郎はゴールデンスランバーを読まなきゃと聞かされてよみました。いろんな伏線が、最後に、どっとくる感動につながります。
面白いですよ(^^)
グラスホッパーは、R−15くらいの怖い物語でした(誰もが犯罪者ってな)(^^;)。

投稿: 悠 | 2009.07.12 01:06

悠さん、これ買うんですか?coldsweats01

投稿: t2ぴょん | 2009.08.03 22:21

> t2ぴょん こんにちは。
貧乏人には手が出ません(;;)

投稿: 悠 | 2009.08.07 17:35

人のとこでツッこんでて
今ゴールデン・スランバーの曲を聴くため
Beatles に悩んでる自分がいます
まともに買って7万、輸入盤で半額
どうするべか...

投稿: t2ぴょん | 2009.09.05 21:42

>t2ぴょんさん、こお久しぶりです。
7万円ですか、みゆきさんのCDに匹敵しますね(^^)

投稿: 悠 | 2009.09.06 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/45594639

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデン・スランバー:

« 「ディア・ドクター」 | トップページ | マクベス@びわ湖ホール »