« 「罪と罰」@講演会 | トップページ | 魔王@伊坂幸太郎 »

2009.08.31

読書日記09−8−31

「織田信長最後の茶会」、小島毅、光文社新書、09、7、20
織田信長が本能寺で、公家をあつめて最後の茶会。そこで、話題になったのは、暦。
どの暦が話題になったのか。著者は、中国暦ではないか、と想像する。

信長=欧風ではなく、中国風であった。たとえば、岐阜という地名も、中国からとってきている。
安土城の天守に描かれているのも,神農、老子、孔子、文王と中国の人である。山に楼閣と建てるのも中国趣味である。当時の先進国中国を意識していたはずである、というのが著者の結論。

「裏返し文章講座」別宮貞徳、筑摩書房文庫、09−7−10
だいたい学者の訳すものは、日本語になってないんだ。そうなんだ、訳書を読んでもわからないのは、おいらの頭のわるさのせいじゃない。学者の日本語がこなれてないせいなんだ(笑)

「銀行とともに、少数の市民に与えられた貨幣創造の権利が生じた。この権力ゆえにこそ銀行家は,荘重さをよそおうのであろう」(都留重人訳「不確実性の時代」)
これは、「銀行と一緒に、ある権力もうまれました。ごくわずかの民間人に与えられた権力。それは金を作り出す力です。どうりで、銀行家はもったいぶってるわけですよ」(別宮試訳)
ガルブレイスが、テレビで語ってるのですから、別宮訳でなくっちゃですよね(^^)

「日本語は論理的である」月本洋 講談社新書、メチエ 09−7−10
学校で教える文法を、学校文法といいい、これとは別に日本語文法というのがある。日本語文法は、外国人に日本語を教えるときなどにもつかわれる。
え、え、え、そうだったんですか、目からうろこ。

文は、主語+述語ってずっとおもってきたのに。
これだと、外国人には、うまく日本語がおしえられない、だって、日本人の会話には主語ないですもん(笑)

主題と解説があるって教え方があるんだそうです。(もちろん、主語+述語ってな文もありますけど)。

「河が見える」「今日は寒いよね」(主語はなんだ??)。

|

« 「罪と罰」@講演会 | トップページ | 魔王@伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/46084233

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記09−8−31:

« 「罪と罰」@講演会 | トップページ | 魔王@伊坂幸太郎 »