« 青木さんちの奥さん@あごら劇場 | トップページ | 邦画復活??? »

2009.09.21

舞台「あんなに優しかったゴーレム」上映

京都シネマにて。
『曲がれ!スプーン』@映画の前宣伝。

テレビのスタッフが、野球選手のドキュメントを撮っている。野球選手は、故郷のひろっぱで、土像(おおきな、人の上半身と丸い頭がのかっている)をあいてに、「このゴーレムと、よく、キャッチボールをしたもんです。そうそう、野球するときは、ぼくの玉を受けられるものがないので、このゴーレムがキャッチャをやってくれたんですよ」とまるで、ゴーレムが人であるかのように語りだす。

そこの村人は、ゴーレムが動くことをしっている、ゴーレムに育てられている女子高生ってのもでてくる。

はじめのうちは「????」だったTV関係者6人のうち、一人、二人、三人、、、とゴーレムの存在を認めるようになり、認めないのは、ディレクターのみ。

存在をみとめるものと、認めないものの差別、いじめ、とかも。

「サマータイムマシーン・ブルース」では、タイムマシーンを扱ってたし、『曲がれ!スプーン』では、エスパー。こういう趣向なのね、この劇団。(って、舞台は一度もみてないんだけど

PS 大阪の文楽劇場小ホールで、小唄の会にでてきました。始まる前に、師匠に音合わせしてもらったら、高い声がでない!!師匠から、「音さげます??」と言われて、「師匠、さげたら、低いとこの声がでません!!」「出番までに一人で稽古してます。。。。。」と、稽古。
まー、なんとか、」なりましたが、他の人の舞台はみられませんでした(;;)

|

« 青木さんちの奥さん@あごら劇場 | トップページ | 邦画復活??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/46273838

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「あんなに優しかったゴーレム」上映:

« 青木さんちの奥さん@あごら劇場 | トップページ | 邦画復活??? »