« 火天の城@映画 | トップページ | 浜 矩子教授の講演 »

2009.09.28

私の青空!−Hello!こちらウォーキンポスト−@びわ湖ホール

北村想原作を、県内の劇団の劇団員の混成チームで演じる、演出は、宮沢十馬。
混成チームだけに、各演者に力がはいってます。
途中で、あれ、これ、赤テント、唐さん、入ってます??と思った。宮沢さんは、唐さんに影響をうけているとか。
北村想さんの劇って、気楽にやるもんじゃないの?って思ったんですけど。

で、びわ湖ホールで、「平田オリザの文法」というワークショップの記録のビデオをみる。
家においてあるはずだが、探すの面倒と思ってたら、ここにあったので。
一番最初観たときは、俳優修業はスタニスラフスキーシステムってのが、頭にあったので、なんじゃ、こりゃ。
だったのですけど、期間限定平田オリザで書物読んでる分、わかりやすかった。

竹内敏晴さん(この間亡くなられました)のレッスンは、スタニスラフスキーシステムから発展したものでだと思う。竹内さんのレッスンでは、日常生活を送ってるけど、そこだけにおさまっていない身体、精神があるんだ!と、身体は、それを表現している、それを見失ってはいけない、と教えられたと、私は受け取っている。

平田オリザさんのは、「ニュートラル」な身体をつくる、ということに主眼がおかれていて、そこでは、演劇を通じて、日常をみなおすってことが大事だと、伝わってくる。

ベクトルは異なるが、問題は日常だ。

|

« 火天の城@映画 | トップページ | 浜 矩子教授の講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/46334804

この記事へのトラックバック一覧です: 私の青空!−Hello!こちらウォーキンポスト−@びわ湖ホール:

« 火天の城@映画 | トップページ | 浜 矩子教授の講演 »