« 石川さゆりコンサート | トップページ | 海辺のカフカ  ハルキ遡及 »

2009.10.30

組曲虐殺

井上ひさしさんの新作劇 主人公は小林多喜二。
小樽高商に通いながらも、叔父のパン屋では、住み込みで働かせられる多喜二のつらさを、共有する姉@高畑淳子。姉とは、共通の生活感覚の共有。
多喜二の身請けされた娘@石原さとみとは、社会の底辺を生きる社会感覚の共有。
ハウスキーパーで後に妻になる女性@神野三鈴とは、共産主義運動のつらさの共有。

と、三人の女性から、愛されている多喜二。

拷問死がまっているんですけど、この思想弾圧、拷問死への告発。井上さんのメッセージ性がつよくでている。

とはいえ、歌あり、笑いあり、のドラマです。
サヨク活動家だった太宰治も、身請けした女性を妻にしているし、なんか、こういうことにヒロイックな気分をもつんですかね。

|

« 石川さゆりコンサート | トップページ | 海辺のカフカ  ハルキ遡及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/46624815

この記事へのトラックバック一覧です: 組曲虐殺:

« 石川さゆりコンサート | トップページ | 海辺のカフカ  ハルキ遡及 »