« 北限の猿@青年団 | トップページ | 読書日記2009-11-17 »

2009.11.15

モスラを待って

剣幸さんを迎えての舞台。台本は、焼肉ドラゴンの鄭義信、演出内藤裕敬@南河内萬才一座。

剣さん、ウタッて、踊って、コメディアンです、ハワイアンスタイル@フラダンスで、舞台です。お腹の部分があらわですが、色がぬけるように白い!!

モスラって、むかし、ザ・ピィナッツ、羽野あき@新感線がやってましたよね。
これを剣さんが、演じてます。

でも、宝塚オーラでまくりです(笑)。

モスラの映画をとる撮影班、女優と助監督は昔同棲していたらしい、音響班のおじさんは離婚している。
メイクと、演出助手は同棲しているが、メイクは、助手と別れ話をきりだしている。

監督は借金をかかえ、カメラの若い女性のわがままにつきあっている。カメラのせいで何回もとりなおし。
 「もすらは、みんなを助けようと言いう本能しかないんや」(これって、この間関西弁で書かれた「嘆異書」の弥陀みたいです)

すべてが、爆発し、ラストへ。このラストが最高です。

|

« 北限の猿@青年団 | トップページ | 読書日記2009-11-17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/46764477

この記事へのトラックバック一覧です: モスラを待って:

« 北限の猿@青年団 | トップページ | 読書日記2009-11-17 »