« 斉藤憐戯曲集3@黄昏のボードビル | トップページ | 明治維新— 1858−1881 »

2010.02.11

食堂かたつむり@映画

のだめ、嫌われ松子、とか、絵と映画のコラボあり。こういうB級作品、けっこう面白いのです。
「アバター」みよう、みよう、と思いながらも、こういうB級感あふれた作品に弱い。

ヒロイン、失恋で声をうしなった輪子がつくる、料理、ほんと、おいしそうです。
私は、余貴美子演じる、輪子の母のレイ子さんのぶっとんだ生き方に驚いてます。
原色系が似合う、レイ子さん。いつも、一緒にいるエルメス@豚を死ぬ前の結婚式では、食ってしまいます。

声を失い、料理@物で対話する、いろんな、裏でのこころづかい、こういうの古いだけど、と、思いながらみてました。

|

« 斉藤憐戯曲集3@黄昏のボードビル | トップページ | 明治維新— 1858−1881 »

コメント

おっ、ご覧になられたのですね。
私も「アバター見るべきか?いややはり食堂かたつむりだな派」です^^;
悠さんのご紹介でさらに見る気アップしました*^^*

投稿: nazuna | 2010.02.12 10:42

>nazunaさん、こんばんは。
超大作より、こじんまりしたいごこちのいい映画ですね(^^)。

投稿: 悠 | 2010.02.12 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/47542184

この記事へのトラックバック一覧です: 食堂かたつむり@映画:

» 「食堂かたつむり 」もっと美味しそうな料理がたくさん見たかった [soramove]
「食堂かたつむり 」★★★ 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム主演 富永まい 監督、119分 、 2010年2月6日 公開 (原題:食堂かたつむり)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「失ったもの、 恋、家財道具一式、そして 声 残ったもの、 ぬか床とおばあちゃんのレシピ 評判のいい原作の映画化」 失恋がきっかけで声が出なくなった主人公(柴咲コウ)は、 貯金も家財道具も恋人に持ち... [続きを読む]

受信: 2010.02.19 22:30

« 斉藤憐戯曲集3@黄昏のボードビル | トップページ | 明治維新— 1858−1881 »