« 4・24(土)の一日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ@びわ湖ホール »

2010.04.29

花弘会@国立文楽劇場

お友達から誘われて行ってきました。踊りの会。
「二人猩々」「鶴亀」「菊慈童」「八島」と能を素材したものがあるので、どんなになるか観てきました。
猩々は、松羽目舞台で、歌舞伎のよう。鶴亀、菊慈童は、歌舞伎のバックコーラス付き、八島は地唄舞。
私は、銀の屏風を背景にした八島がよかったかな(^^)。

「走るために生まれた」読み始めて、一気読み。人類は、走る能力をもったおかげで、動物をしとめ、肉食ができた。ゆっくり走る能力=持久的能力があった。動物ははやく走るけれども長く走れない。
で、ランニングシューズができてから、走る人の故障が増えた。柔らかい草の上を、裸足で走ることによって故障がなおる。シューズに頼ると、足が発達しない。裸足で走ると、足がきたえられて、故障が少なくなる。


|

« 4・24(土)の一日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ@びわ湖ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/48218733

この記事へのトラックバック一覧です: 花弘会@国立文楽劇場:

« 4・24(土)の一日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ@びわ湖ホール »