« かたりの椅子@びわ湖ホール | トップページ | 告白@湊かなえ »

2010.04.08

変身@舞台

演出 バーコフ 主演森山未来。
ドイツの表表現主義って、こんなのだよな、って舞台でした。主役のグレゴール@森山ミリの虫の表現、舞台の登場人物@グレゴールの家族がシルエットで浮かび上がったり。物はでてこないのすが、家族で食事する場面とか、下宿人に給仕する場面、部屋の荷物を運び出す場面と、すべて無対象行動(おお、スタニスラフスキー!!ではなく、様式されてました、表現主義って,歌舞伎の様式主義に学んでるんですよね(^^)))

家族のためによかれと、生活してきた主人公が虫になる、家族のリアクション、とくに,母@久世星佳の演技がよかった、というか、久世の演じる母の存在が大きかったです。

家族のために、とか、なんとかのためにとか一生懸命、自分の楽しみも忘れて働いてきて、働けなくなったときの家族、まわりのリアクションがすごく、よくわかります。100年前の作品とはおもえない、シュールな舞台なんですけど。

何回か、カフカの「変身」(翻訳本2冊もってます)読むのに挑戦してますが、途中でまでしか読めてません。

舞台をみて、あー、そうか、こういう家族の物語だったんだと、わかりました。(<<おそすぎる!!)
こういう、舞台、日本の演出家さんには、つくれないな〜。

|

« かたりの椅子@びわ湖ホール | トップページ | 告白@湊かなえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/48034223

この記事へのトラックバック一覧です: 変身@舞台:

« かたりの椅子@びわ湖ホール | トップページ | 告白@湊かなえ »