« シャッターアイランド | トップページ | 今日の1日@4/17 »

2010.04.16

1Q84 book3

本日発売、今朝9時には届いてました。で、仕事の合間合間、食事の合間合間に読み続け、近所のスーパーの4階に座れるスペースがあるので、帰りそこでも読み続け、読了。
book1、book2が、動の世界ならば、book3は、静の世界。

NHKの集金人をしていた天吾の父の集金、book1、2で、天吾に近づく牛河の執拗な調査、が重要な役割を果たしてます。前作は、青豆、天吾と交互にその動向を追ってましたが、コンカイは、青豆、牛河、天吾と交互に動向が描かれてます。

青豆をバックアップする婦人の秘書タマルがかたる言葉が、たとえば、ユングが自分つくった別荘の石に刻む「冷たくても、冷たくなくとも、神はいる」とか、いろいろ味わい深い言葉であふれてます。

|

« シャッターアイランド | トップページ | 今日の1日@4/17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/48103519

この記事へのトラックバック一覧です: 1Q84 book3:

« シャッターアイランド | トップページ | 今日の1日@4/17 »