« 連休覚え書き | トップページ | 「博覧会」@ドラマシティ »

2010.05.06

「ワーニャ伯父さん」@ピッコロシアター

笑えるチェホフがうり。ほんとに笑えました。チェホフって、喜劇って副題がついてるのに、新劇だと、悲劇っぽくやる。井上ひさしさんの「ロマンス」でも、なぜ、笑えないのだって台詞があったような気がする。

最初の1分間ほどの出演者全員の表現主義風のパントマイム風の身体のうごき(これ、この間、「変身」での身体表現に似てる)。これで、登場人物の関係、誰がだれを慕っていて、そでにされるかが一瞬でわかる(^^)。

舞台も簡素。舞台での道具の片付けもあざやか。ワーニャ演じた穂積恭平さん、うまかったよ。


|

« 連休覚え書き | トップページ | 「博覧会」@ドラマシティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/48288681

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワーニャ伯父さん」@ピッコロシアター:

« 連休覚え書き | トップページ | 「博覧会」@ドラマシティ »