« OSK@南座 必死剣鳥刺し@映画 | トップページ | 東京ノート@日韓中俳優出演 »

2010.07.18

シラノ・ド・ベルジュラック@鈴木忠志演出

BeSeTo演劇祭、新国立劇場まで行ってきました。
舞台は、日本、江戸末期、クリスチャン、シラノは、袴姿、インバネスを羽織っている。ロクサーヌも洋装で出るのは、最初だけ。作家でもあるシラノ役の人が舞台で、小説を書いている。
すり足ではないけれど、上半身を動かさず歩く。また、台詞が、日本語の一語一語が明確に発声されている。いわゆるリアリズムとか、普通のお芝居とはだいぶ異なる。

でも、外国で作られた劇をなんで日本人がやるねん、出演者がフランス人に見えなあかんのかい、ってなことを、思ったら、こういう芝居になるねんね。

前から4列目の席だったせいか、不思議な感動でした。

|

« OSK@南座 必死剣鳥刺し@映画 | トップページ | 東京ノート@日韓中俳優出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/48906281

この記事へのトラックバック一覧です: シラノ・ド・ベルジュラック@鈴木忠志演出:

« OSK@南座 必死剣鳥刺し@映画 | トップページ | 東京ノート@日韓中俳優出演 »