« 今は亡きヘンリー・モス ネタばれあり | トップページ | 日本に原爆を落とす日 »

2010.08.30

タンビエットの唄

ベトナム戦争、米兵の村全体の虐殺。かろうじて生き延びた姉と妹。
二人は、解放戦線の兵士にたすけられる。妹は、米兵の残虐行為を世界に証言する使節団にはいり、そのまま、英国人の養子となる。ベトナム戦争後、妹は姉を探しにベトナムを訪れる。解放戦線の兵士たちの、その後。姉の行く方は?。

明日の豊かさを求めた、解放戦線兵士たち。戦争後の状況も、昔とかわらない現実。希望だけがなくなっているのがいたいかな。
60年代末の日本の学生運動の、その後は、豊な経済社会となった日本とここだけはちがう。
ネタバレになるが、姉の子と再開する場面なんどは、ほんと、ご都合主義の脚本だなと思うけど、なかされます(^^)

会場にはいると、女優さんが、ベトナム線香をもっている。席に着くと、ベトナム語の唄が(これって、中国語の唄のようで、うーん、ベトナムも中国文明の影響下にあったのだ)、ベトナム情緒をだしてます。
吉野圭吾さん、身はやつしても、格好よかった。

|

« 今は亡きヘンリー・モス ネタばれあり | トップページ | 日本に原爆を落とす日 »

コメント

でもね、日本はやっぱり戦敗国。ベトナムはやはり戦勝国なんだとつくづく思いましたよ。
経済封鎖をしたり侵攻したりしても、勝った国の文化や国土は壊せない。
負けた日本は古来の文化を徐々に壊され、今や日本に美しい自然はなく列島改造のつけを60年たった今、払っているわけだと感じました。

どんなに飢えても勝った国はいつか甦る。
負けた国は、それこそ精神的に奴隷にされてしまうんだなぁと感じました。

>ネタバレになるが、姉の子と再開する場面なんどは、ほんと、ご都合主義の脚本だなと思うけど、なかされます

いや、社会主義国家だから結局、先祖のいる村に戻るのはある意味、自然かと。
見つからなかったのは時期があわなかっただけだと思いますね。

ちなみに「天と地」という実話の映画のレ・リー・ヘイスリップさんという人がモデルになっているようです。

投稿: お絵描きぺんぎん | 2010.08.30 18:24

>お絵描きぺんぎんさん、こんばんは。
「日本はやっぱり戦敗国。ベトナムはやはり戦勝国」
アメリカに負けたんですもんね(;;)
日本の学生運動の後は、タンビエットの唄のような戦後=まだ自由が無い=より、まだ、ましだったので、挫折感がまたちがってました。
社会にまぎれやすかったです。ちょうど、デモの隊列をぬけたら一般市民の顔していられましたから。劇の苛酷さはなかったので、そこがちがってました。

姪との出会いはねぇ、唐突な感じがしたもんで。

投稿: 悠 | 2010.08.30 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/49296478

この記事へのトラックバック一覧です: タンビエットの唄:

« 今は亡きヘンリー・モス ネタばれあり | トップページ | 日本に原爆を落とす日 »