« キャタピラ | トップページ | 悪役志願 »

2010.08.23

黙阿弥オペラ

オペラって題名にあるのに、歌がすくないじゃないか〜〜。いつもの井上さんじゃないじゃないか〜。
って思いましたが、明治の歌舞伎を、西欧にあわせて改良しよう、歌舞伎がオペラにつくりなおして、外国人にみせよう、黙阿弥さん。ってお話でした。

藤原竜也くん、三枚目を演じてました。
こういう、江戸から明治の端境期に、生きる人々、国語元年、天保12年のシェイクスピア(これにでてくるひと、明治までいきるんですよね)、、、、、、、、。

そんな端境期に、歌舞伎を新時代にあわせよう、いっそのこと歌舞伎をオペラに、そんな、西欧を真似した芝居して、どうすんだい!!だれが観てくれるんだい、そんな芝居。

ユニクロとか、企業でも、英語ではなそうよ、ってな、現代に必見です、このお芝居。
いまも、端境期なんですね。

|

« キャタピラ | トップページ | 悪役志願 »

コメント

>悠さま
御一新の世、河竹新七と運のない男たちが株仲間を拵え、捨て子に投資して芸人に育てあげる物語と見ました。
確かに合唱はもう少し欲しかったですね。本当にいいお芝居とはこんなもんやという見本のような舞台でした。

投稿: とみ(風知草) | 2010.09.14 12:34

悠さん
そうですね、西洋文化が流れ込んできた時代の日本のお話でしたけど、今の日本にもまだそのまんま当てはまるなあって思って見てました。

竜也くんの三枚目、はまってましたね。

投稿: なずな | 2010.09.20 19:39

>とみさん、こんばんは。
本当にいいお芝居でしたよね。明治の芝居はどうあればよかったのか(西洋劇のものまね以外の受容があったのでは)。そこの浅い、西洋受容の作者の批判が聞こえてきました。

投稿: 悠 | 2010.09.22 00:29

>なずなさん、こんばんは。
竜也くんの三枚目でしたね。踊る夏では、二枚目に戻ってましたけど(^^)

投稿: 悠 | 2010.09.22 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/49224100

この記事へのトラックバック一覧です: 黙阿弥オペラ:

« キャタピラ | トップページ | 悪役志願 »