« ソルト、狂言舞台 | トップページ | a tide of classics ~三好十郎・浮標~ »

2010.08.07

「ロシア構成主義のまなざし」@県立近代美術館

ロシア構成主義の中心的画家、ロトチェンコ+ステパーノワ展。
ロシア、アバンギャルド、エイゼンシュタイン@映画、メイエルホリド@演劇

ロシア革命期とかさなる芸術運動。ロシア固有の運動が、世界的なものになる(?)
ロトチェンコが舞台美術をした、メイエルホリドの舞台の写真もあった(「南京虫」)

絵は、幾何学的な立体,円形をもって人を描いてたりしていた。日本でいえば、安部公房みたいなもの(??)

この運動は、スターリン体制ができるころ終焉するんだ。

美術館は、山を切り開いてできていて、涼しければ、散歩にはいいとこなんだけど。


|

« ソルト、狂言舞台 | トップページ | a tide of classics ~三好十郎・浮標~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/49079758

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロシア構成主義のまなざし」@県立近代美術館:

« ソルト、狂言舞台 | トップページ | a tide of classics ~三好十郎・浮標~ »