« えらいこっちゃ | トップページ | トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール »

2010.10.02

瞳の奥の秘密

「ヴェノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年、未解決の謎を小説にする男に封印された愛が甦る」ってな解説に魅かれて行ってきました。ミステリー、ナンドもどんでん返しがあります。女性検事と元裁判所書記と愛もみどころです。感想を書くとネタバレになります。

最初の画面で、女が汽車に乗る男を見送る場面,男女ははっきり写ってるですけど、周囲は早回しで撮ったような画面。あー、これがもう一度出てくるんですけど、うまい画面です。最後の最後まで、息がぬけません。
最後の笑顔がいいんですよ。<<誰のや!!って、これもネタバレになるんで。

やっぱり、男女がセクシーなのがいいですよ(変な意味でなく)。こういうのは、邦画ではみられないですね(;;)
「過去にまどわされるな。記憶は、君が最初に思い出した方がただしい」(ってなセリフ)が印象に残りました。
アル中だけど、裁判所の仕事はこなす、同僚もよかったですね。

|

« えらいこっちゃ | トップページ | トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/49618826

この記事へのトラックバック一覧です: 瞳の奥の秘密:

« えらいこっちゃ | トップページ | トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール »