« トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール | トップページ | 楽屋〜流れさるものはやがてなつかしく〜 »

2010.10.10

砂と兵隊@青年団

朝は、衛紀生@可児市創造センター館長の、「集客より、創客」の話をきいた。劇場をみじかにするためのいろんな努力=観客に如何に満足を与えるか=のお話を聞いた。土曜日が休日となってから、日曜日に劇場に客がこなくなった。ライフスタイルがかわったんだとか、言われてたけど、そうかな??この話、しが芸術創造館であったんだけど、司会のおじさんが、県に長年つとめて、芸術なんとかも関わりもってこなかったんだろうな、って方でした。まず、カイよりはじめよ、ですね(^^)

で、午後から伊丹AIホ–ルで、「砂と兵隊」。併設の喫茶店で、お茶してたら、横の席で、パソコンと格闘してる男性がいる。だれだい??ってな感じでしたが、でるとき、よくみたら、眼鏡をはずした平田オリザさんだった(^^)
舞台で、火野葦平の「麦と兵隊」の歌を歌う場面がある。「麦と兵隊」だから、場所を中国から、砂漠にうつして、「砂と兵隊」なんですね。

砂漠をホフク前進する5人の兵隊、母を探す、父と三人の娘、新婚旅行にきた二人。敵兵である上司と兵士。
兵士である夫に出会いにくる、妻、日傘をさして、ワンピースを着た女性、「青木さんちの奥さん」で、奥さん役やった人だろうか??

日常のなかに戦争が有り、戦争のなかに日常がある。でも、新婚旅行の夫が、桃缶を敵兵に渡そうとして、爆弾だと、勘違いした敵兵に射殺されるところは、リアルな戦争だった。

イラク戦争のころつくられた作品。上演時間は、2時間。

|

« トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール | トップページ | 楽屋〜流れさるものはやがてなつかしく〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/49702417

この記事へのトラックバック一覧です: 砂と兵隊@青年団:

« トリスタンとイゾルデ@びわ湖ホール | トップページ | 楽屋〜流れさるものはやがてなつかしく〜 »