« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.29

狂言会終わりました。

なごみの会(茂山七五三社中の会)終わりました。
Kasumou_ka_4
小舞「土車」を舞い、狂言「蚊相撲」の太郎冠者を演じました。
小舞はプロの謡で、一人で舞うので、余裕でしたが、蚊相撲は、ハプニングがありましたけど、客席にはわかるまい、ってな、調子で終わりました。
高校野球と一緒で、会が終わると、私たちの夏がおわります(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011.08.15

2011・08日常

13日 
安寿ミラ ダンスアクト「FEMELE vol.11」
ダンスアクトとつけられているのは、演劇的な部分をふくらますのでとのこと.安寿さんが、いきなり、フランス女性で、客席から登場する場面には、眼が点でした(^^)

14日
映画「プッチ−ニの愛人」
登場人物どうしの直接の会話はなく、「手紙」「日記」の援用。どこか、無声映画のおもむき。
プッチーニが作曲中の「西部の女」@ピアノがながれてくる。

15日 うつらうつらと寝ておきてをくりかえしてます、まーからだの、おやすみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.08.08

こどものためのシェイクスピア「冬物語」

びわ湖ホールの前は栗東さきらで、演じられてきたもので、たいてい観てます。小道具は、机、椅子、音は手拍子、口拍子(ち、ち、ち、、、)等、出演者は、9人、一人が何役も。山崎清介さんあやつる人形にも、役(時、彫刻家)。

これって演劇の醍醐味(^^)

「時」ってな抽象名詞が擬人化されれてるのは、蚊、舞茸を擬人化する狂言に似てますけど。
出番がかさならないように役を配分するもの大変でしょうね。

「こどもたち」の名のとおり、こどもさんも客席を埋めてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »