« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.20

上海旅行

10年以上前に訪れたときは、竹でつくったヘルメット、竹で建築物の足場をつくっているところをみた。
いまは、きれいに超高層ビルがたてならんでいる。いたるところの建物に、「〜銀行」って名がついている。
うーん、金融都市なんじゃ、上海は。
今回も、クラシックジャズをやってるお店、ジャズバーなどで、夜をすごしてました。雑技団もみたな〜。

地下鉄が乗れるようになったので、「一人で帰るべー」と一人地下鉄に向かったら、地下鉄はうごいてない!!え、まだ、夜の11時だよ??
ホテルの名前いうてもつうじない、近くにヒルトンホテルがあったので、タクシーで、そこまで、乗っけてもらった。

今回は、友達が、上海にいるってんで、彼をたよりに、同窓生3人で日本から出発して、2泊3日の旅。
これが、男同士で、喧嘩することのない、旅の長さなんでしょうな(笑)。

公園で、気功やってるのみようと、出かけたら、うーん??社交ダンスをやっている一群にであった。そのとなりで、マイクをもって、カラオケをやっている集団も。個人でカラオケやってる人もいた。

神戸=横浜=上海、雰囲気がにてる。
神戸も、今は、中華街になっているところ、女性が中にはいると、かどわかされるってな雰囲気だった。三宮に易裏にぽん引きがいたもんな。
上海、ブランド物のお店の前のとおりで、偽物のブランド品を売りさばいている。

道路をリヤカー+自転車で通行している、積んでいるのは段ボール。
青信号で道路を徒歩でわたろうとしてと、自動車は、すきまにつっこんでくる。

上海、ほんとうに、大国なんじゃろうか??しかし、猥雑な感じがなんともいいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.02.08

「ベロニカは死ぬことにした」「エドガー」

「ベロニカ」は、芝居。久世星佳、宮本裕子が脇でいい芝居をしてました。
原本読んで、映画(真木よう子主演)も観てます。映画の方が情報量が多いのでよかったかな。それとも、主演女優が映画の方のほうが好みだったので、脇の健闘をたたえつつ、映画に軍配。

「エドガー」は、FBI長官の物語。
「子供に男らしく」としつける母親をもつと、ゲイになるかもしれん。エドガーと副長官の恋愛つーか、嫉妬ドラマに感動してました。
人の秘密をにぎって、これを公にすることを材料に、人を支配して行く。これって、権力持ったらやりたいよね、自制がきかんよね。それだけに、こわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »