« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.23

RED2@映画

元CIAの敏腕エージェントが、32年前の作戦が,インターネットに流失したことで,組織から狙われる.
コメディアクションドラマ.
殺し屋イ・ビョンホンが,自己の飛行機にこだわっていることや,32年幽閉されていたアンソニー・ホプキンスが,爆弾を隠したクレムリンへまでの隠し口ー今はピザ屋になっているところを探し出したりってなとこ,台詞が字幕だと,ずれるせいか.元々,こういう笑いはおいらにわからないのか.
もっともっと,面白いのに,わからない,もどかしさ(;;)
アクションだけでも楽しいからいいんだけど.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

リア王@SCOT

吉祥寺シアターにて  菅孝行、水野和夫、島田裕己さんなどめっけた。
韓国人俳優,中国人俳優、日本人俳優、混成でのリア王
(アフタートークで、それぞれの国以外の言葉はわからないのでけど、台詞のきれめは、音でわかるらしい、と鈴木さんが)。
ホント、舞台は、木戸、車いす以外はなにもない。力づよい言葉でしたね、台詞。
老人になったときの、身の引き方を、まちがえると、いかんぜ、ってな物語(^^)

グロスターの「狂人に手を引いてもらう盲人」(うろおぼえ)、この台詞もよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.08

新釈・瞼の母@SCOT

うーん、最近、SCOTのお芝居にこってます。なぜだか分らないのですが。
客席100〜150くらいかな??静岡舞台芸術公演にあるBOXシアターでの公演。
バーブ佐竹の「女心の歌」(どうせ私をだますなら。。。)、北島三郎「仁義」(天にひとつーの陽があるように、、、、」なんかがバックで流れてました。母親がみる幻想のなかで現れる、息子番場の忠太郎ならぬニホン・ジン。
「定番の親子の名乗りがしたかったら。。。」ってな場面があります。
母親殺しができないニホン人の男への批評かな??。

殺されたヤクザを演じていた二人が出てきて、コップ酒をあおりながら父の復権を解いたりする。
いつものような、看護婦さん役は、母の看護、母の娘、居酒屋のおねーちゃんを演じたりしてました。

ここの劇場のスケールいいところにありました。腫れてたらし、散策にはもってこいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴンチチコンサート@寒梅館

ゴン三上、チチ松村さんのギター演奏(っても、ウクレレ、もう一つなんだたっけ?の演奏もありました)
高校時代の友達に誘われて、永観堂で待ち合わせ、カレーうどんをたべて(これ、タクシーの運転手さんおすすめとかでガイドブックに出ており、列ができたました。で、国立京都美術館で、二科展、独立展をみて、東山=今出川=烏丸と1時間半ほどあるいたかな。

ゴンチチさんの演奏、ゆったりだから寝るかもってなことを連れが言ってましたが、ゴンさんのシュールな語りで、音楽とはなんの関係もない、話の間かなとまがう時間があって、すぐ演奏に入るという不思議な語りで、笑ってましたので、寝ずに(^^)。
映画音楽(是枝監督に提供)クリスマスソング等々(おいらに分ったのはここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

ハンナ・アーレント@映画

うーん,ハイデッカーの弟子,哲学者ハンナの,アイヒマン裁判傍聴記事を巡る,同僚,ユダヤ人等の軋轢.夫との生活,教授生活がかいま見られる.
ハイデッカー教授に質問する可憐なハンナ。栗原小巻の若い頃のよう(^^)
旦那は昔2枚目風。<そこしかみてないのか!

ハイデッカーに教えを受けた教授らが,ハンナと議論している.アメリカ人も一緒にいるのだけど,早口のドイツ語会話「議論」は聞いててもわからい.鴻上尚史が,「ロンドンディーズ」で書いてたが,英語での日常会話,会話に熱中してして各自が早口になると,聞き取れない,って書いてたけど,同じことなんだ.

(1)暴力団の親分が,その下の暴力団組長にある人の殺害を命じる. 下の親分は若頭に命じる,若頭は下っ端に命じる.で,殺人は犯罪だから,みんなは,殺人罪の共犯として罰せられる.
これはわかりやすい。.
(2)原発で,将来,震度M9の地震が起こることが予想される.しかし,社長は,これは将来のことと考えて,M6
程度の地震に堪える原子力発電所でいいと考える.なんとか研究所で,原子炉を設計する.下請け会社が設計に従って建設する.で.将来ではなく,10年後にM9の地震が起こり,原子炉が爆発する.人が多数死亡する.
誰かは,「過失致死罪」で罰せられるであろうか?
(3)ヒトラーは,ユダヤ人を虐殺しようとする.部下に命じる.ユダヤ人を,或る地域からアウシュビッツに送る仕事を担当したアイヒマン,ユダヤ人の虐殺は,アウシュビッツの担当者によって行われている,
上からの命令で,輸送の仕事を効率よく行ったアイヒマンは罰せられて当然であろうが,彼はどうするばよかった夫であろうか?彼は,命令を実行しただけで,悪を行っている意識はない.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »