« 悪の法則 | トップページ | ゴンチチコンサート@寒梅館 »

2013.12.01

ハンナ・アーレント@映画

うーん,ハイデッカーの弟子,哲学者ハンナの,アイヒマン裁判傍聴記事を巡る,同僚,ユダヤ人等の軋轢.夫との生活,教授生活がかいま見られる.
ハイデッカー教授に質問する可憐なハンナ。栗原小巻の若い頃のよう(^^)
旦那は昔2枚目風。<そこしかみてないのか!

ハイデッカーに教えを受けた教授らが,ハンナと議論している.アメリカ人も一緒にいるのだけど,早口のドイツ語会話「議論」は聞いててもわからい.鴻上尚史が,「ロンドンディーズ」で書いてたが,英語での日常会話,会話に熱中してして各自が早口になると,聞き取れない,って書いてたけど,同じことなんだ.

(1)暴力団の親分が,その下の暴力団組長にある人の殺害を命じる. 下の親分は若頭に命じる,若頭は下っ端に命じる.で,殺人は犯罪だから,みんなは,殺人罪の共犯として罰せられる.
これはわかりやすい。.
(2)原発で,将来,震度M9の地震が起こることが予想される.しかし,社長は,これは将来のことと考えて,M6
程度の地震に堪える原子力発電所でいいと考える.なんとか研究所で,原子炉を設計する.下請け会社が設計に従って建設する.で.将来ではなく,10年後にM9の地震が起こり,原子炉が爆発する.人が多数死亡する.
誰かは,「過失致死罪」で罰せられるであろうか?
(3)ヒトラーは,ユダヤ人を虐殺しようとする.部下に命じる.ユダヤ人を,或る地域からアウシュビッツに送る仕事を担当したアイヒマン,ユダヤ人の虐殺は,アウシュビッツの担当者によって行われている,
上からの命令で,輸送の仕事を効率よく行ったアイヒマンは罰せられて当然であろうが,彼はどうするばよかった夫であろうか?彼は,命令を実行しただけで,悪を行っている意識はない.


|

« 悪の法則 | トップページ | ゴンチチコンサート@寒梅館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/58676035

この記事へのトラックバック一覧です: ハンナ・アーレント@映画:

« 悪の法則 | トップページ | ゴンチチコンサート@寒梅館 »