« 歌劇『ホフマン物語』(全5幕)@びわこホール | トップページ | 世迷言@柿喰う客 サンケイブリーゼ »

2014.02.13

独立器官〜女のいない男たち

月刊文芸春秋に連載されている村上春樹の短編小説。

今回の主人公は、美容整形外科医、独身主義、プレイボーイである。最後の一人つきあった女性(亭主、子供持ち)に焦がれ、死んで行く物語。食欲もなく、自然と。

能「松虫」昔二人の親しい友が通りかかったが、その一人が虫の音にひかれて草むらに入ったまま出てこず、
探しにいくと、どうしたわけか草原の上に虚しくなっていた。ってなのに近いかな、この物語。

題名に関連するのは、女性は、嘘をつくための特別な独立器官のようなものがそなわっている。だから全身全霊で嘘をつき、それにより、良心はいたまない。

|

« 歌劇『ホフマン物語』(全5幕)@びわこホール | トップページ | 世迷言@柿喰う客 サンケイブリーゼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/59125220

この記事へのトラックバック一覧です: 独立器官〜女のいない男たち:

« 歌劇『ホフマン物語』(全5幕)@びわこホール | トップページ | 世迷言@柿喰う客 サンケイブリーゼ »