« イノック・アーデン@地点 | トップページ | バーボン・ストリート・ブルース@高田渡 »

2014.02.09

小さなおうち@映画

中島京子さんの小説を読んで,映画をみました.小説読んでも,映画を観るころには.忘れているので,どちらも面白かった.片岡孝太郎の台詞だけ,他が,日常会話なのに,少しちがってました(^^)
昭和11年,2・26事件から戦争時代まで,暗いばかりではなく,アメリカとの戦争をのぞんでいたわけでもなく,中国との戦争は,そのうちかたずくと,庶民までもが思っていた世相が,そのときを生きたみたいに描かれてます.

松たか子のきれいな若奥様と,芸術青年秀隆の恋,女中の黒木華のとった行動.これがみものです.
黒木華の老年を倍賞千恵子が演じてます.違和感なかったな〜.
黒木華と,蒼井優ってキャラかぶってるな.竹野内豊と中村トオルも声,かぶってるな,と映画と関係ない感想を.

|

« イノック・アーデン@地点 | トップページ | バーボン・ストリート・ブルース@高田渡 »

コメント

悠さん、こんにちは!
小説読んでも映画を見る頃には忘れているっていうの
すっごく分かります*^^*
この映画はまだ迷い中です。

投稿: なずな | 2014.02.09 10:53

映画見たんですが、女中の行動と、その後の想いに
なんか気持ち添えず。
原作読んでみようかなと思います。

投稿: maki | 2014.02.09 17:40

□なずなさん、こんにちは。
>映画を見る頃には忘れているっていう
は、は、はっ、年じゃなく昔からなんですけどね(^^)
後の時代の人が、昔の時代を想像するってのは、むつかしいですね。
黒木華の見合い相手が笹野高志さんで、この見合いを見るだけでも価値ありかな(^^)

投稿: 悠 | 2014.02.12 15:23

□makiさん、こんにちは。
黒木華のとった行動、小説家さんところで働いていたころ言われた言葉がヒントになってるのですけど、これは、小説の方がわかりいい言葉になってますね(私の、思い違いじゃなければ)。

投稿: 悠 | 2014.02.12 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/59096080

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなおうち@映画:

« イノック・アーデン@地点 | トップページ | バーボン・ストリート・ブルース@高田渡 »