« コーヒーをめぐる冒険 | トップページ | そしてAKIKOは… ~あるダンサーの肖像~@映画 »

2014.04.13

ドストエフスキーと愛に生きる

ドストエフスキーの「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」「未成年」「悪霊」「白痴」をドイツ語に翻訳しているロシア人女性.
キエフ出身,ドイツ在.父は,スターリンの粛正に会い,自身は,ドイツでゲシュタポにつかまるところをフルブライト留学生としてアメリカで学ぶ.
ドイツでドストエフスキーを翻訳している.

翻訳した文書をタイプして貰い,さらに,声楽家に朗読して意見を聞き,翻訳を確定してゆく.この,過程がすごかった.

それと,息子が,事故をしたときは,翻訳業を中止し,息子にとどける食事をつくる.

翻訳が生活の一部,いや,美味しい食事や生活と同じレベルにあるのがすごい.

|

« コーヒーをめぐる冒険 | トップページ | そしてAKIKOは… ~あるダンサーの肖像~@映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/59464028

この記事へのトラックバック一覧です: ドストエフスキーと愛に生きる:

« コーヒーをめぐる冒険 | トップページ | そしてAKIKOは… ~あるダンサーの肖像~@映画 »