« 超速参勤交代 | トップページ | 映画『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ』 »

2014.08.01

今日この頃

今朝の新聞で劇作家・演出家深津篤史さんの死を知る。合掌。
新国立劇場で「象」「屋上庭園」「動員挿話」それと,桃園会のお芝居をみたことがあります。
そういえば,屋上庭園の頃,抗がん剤治療を受けてられるとか聞いたような(??)

映画
「ジゴロ・イン・ニューヨーク」いつもの早口で,うるさくしゃべりつづけるウディアレン健在。しゃれた映画でした。

「リアリティのダンス」うーん,日本で言えば寺山修司作の映画のような。っても,映画はチリでの話だから,明るいですけど。少年の母が,台詞をすべてオペラ歌手のように歌う。足のない,手のない,腕がない兵隊が道で飲んだ暮れている。チリのナチス政権を倒すべく,大統領を暗殺しようとして失敗する父(この父,実際はナチスみたいな暴力主義に見えますが,最後は改悛してます)とか,ほんと,シュール。。

{複製された男」同じ顔,身体,現実に傷ついている胸の傷とかが同じ。片方は,恋人がいる教師,もう片方は妻がいる俳優。もし,これが入れ替わったら,ってなところが面白くエロティックだった。

|

« 超速参勤交代 | トップページ | 映画『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/60077785

この記事へのトラックバック一覧です: 今日この頃:

« 超速参勤交代 | トップページ | 映画『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ』 »