« カイロ 京極夏彦ソロダンス | トップページ | 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 »

2014.08.03

ハムレット

「子供のためのシェイクスピア」シリーズ「ハムレット」みてきました。おもし
ろかった。
父を殺した叔父,父死直後叔父と結婚した母。こんなことが起こったら子供って
ぐれるよね,ってなことがはっきり見て取れるぶたいでした。
「どうすれば,いいのか」「いけないのか」(ここ,うろおぼえです)「,,,
眠り,死」との舞台はじめからの黄ヘルメット隊の台詞朗唱から始ま リ,わか
りやすい舞台になってます。
父の亡霊をみたあと,ハムレットが,ホレーショ等と,「このことを口外しない
ように誓ってくれ」ハムレット他「ウォース」(体育会系挨拶)をする 等,
「まじっすか」とか,とか,異化する台詞も入るし,デンマーク王子と王子の叔
父と会話も吉本風でしたし。

「よわきもの,お前の名前はおんな」って台詞も女性の貞淑についての台詞なん
だってこと,とか,「オフェーリア」の悲劇が,オフェーリアが父のい いつけ
に,そのまま従ったことも,一因であるとと,はっきりわかるような舞台になっ
てました。

ps このシリーズ,以前は栗東さきらで,やられてたものが,びわ湖ホールでや
られるようになっ啖ですが,昨年は,びわ湖ホールには回ってこな かったの
で,残念でしたが,また,観られるようになってしあわせです。っても,黄ヘル
メット隊が,うつ手拍子のリズムがいまだに,おぼえられない んですけど(;;)


|

« カイロ 京極夏彦ソロダンス | トップページ | 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/60093991

この記事へのトラックバック一覧です: ハムレット:

« カイロ 京極夏彦ソロダンス | トップページ | 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 »