« 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 | トップページ | ちかごろ観た映画 »

2014.08.21

藤原伊織 読書週間

藤田 宜永「喝采」てっきり、「テロリストのパラソル」の作者は、藤田さんだと思って、読んだが、面白かったんだけど、どこかちがう。
「テロリストのパラソル」の作者は、藤原伊織さんだった。「シリウスの星」「手のひらの闇」「ひまわりの祝祭」「テロリストのパラソル」と順次読んだ。藤原さんは、すでに故人となっておられた。合掌。
シリウスは、3人の少年・少女時代と、それぞれが、わかれわかれになってから、大人になっての再会。切ないものがあります。

「手のひら」は、上司の自死の謎をめぐる物語。「ひまわり」はゴッホのひまわりの8枚目の絵が日本のどこかに隠されている話と、妻の自死の謎がからんだ物語。
シリウスも、手のひら、ひまわりも、藤原さんが勤務していた電通、広告業界のうちわ話も入っており,おもしろかった。

でも、やっぱり、テロリストのパラソルがよかった。自分の一番良質なものをもつ、友の喪失。ハードボイルドはこれでなくちゃ(^^)
「喝采」ででてくる、ホットドッグしかださないショットバー、テロリストのパラソルのオマージュだと、気がつきました(^^)

|

« 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 | トップページ | ちかごろ観た映画 »

コメント

テロリストのパラソルといえばホットドック!

投稿: sono | 2014.08.23 12:33

キャベツ入りですよね、

投稿: sono | 2014.08.23 12:40

□sonoさん,おはようございます。
そう,キャベツ入りホットドッグ。昔読んでるのに忘れてました(;;)

投稿: 悠 | 2014.08.24 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/60186035

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原伊織 読書週間:

« 「オペラと演劇、その協働の可能性と未来への展望」 | トップページ | ちかごろ観た映画 »